« 2010年8月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年1月

デッキ構築第一回 3分フレアロード

虚野:お久しぶりです。長らく放置していましたが、中の人が現実に嫌気がさしたのでまたやります。

白石:……破滅フラグね。取り返しつかないわよ。

虚野:どうせゲームするぐらいだし何やっても同じ。今日のメニューはなんと、友人に「なんか作れはよう」とせかされながら3分で作った、「赤単フレアロード中速怒涛」です。

白石:……速いの、遅いの?

虚野:初手では多分赤単速攻などに遅れるんだけど、スマッシュレースでは4スマぐらいで追いついて、そこから抜けると思う。実は2から3ターン目に展開以外のことをしなくてはならないんだ。それをしないと結果的に鈍足になる。

白石:まあ赤単がそこまで速いかと言われても微妙だけど。「プラン更新」ね?

虚野:その通り。でもそれさえやっとけば化け物級に強いよ。じゃあレシピどぞ。

赤単フレアロード中速怒涛

ハナクイドリ 3 バンプのためだけにいるようなユニット。しかしプランからキープできる+2000と墓地トップはこのデッキでは素晴らしい援護支援。影の功労者その1。

ツツジガハナ 3 こっちはまだバンプ要因として使い道はあるが、やはりハナクイドリのほうが便利ではある。移動2パワー7000スマ1でこれも実は流れを止めかねない。

ヨツビシ 3 場に残って墓地調節、破棄してバンプと芸は多いが、あまり便利ではない。流れを阻害する移動2パワー7500スマ1。逆にこのデッキのアタッカーのポテンシャルのやばさを示してもいるが。

キッショウ 3 一応フレアロードだからと言うだけではいった人。しかしこれと修羅の騎士のおかげでこのデッキ相手のデッドラインは「4スマ」。ビート相手にこれはつらい。ニトロをこっちだけ3枚積んでるようなものなので。

カンゼミズ 3 3コストで6000以上火力をかるがるとばらまく「THE・奥の手」。使いこなせば、「ただの中速ビート」と大きく差をつけられる。出張率も高いです。

ツユシバ 3 BUKKOWAREその1 通常状態でも使用に耐えるうえに効果で2コスト7000。立ち上がりにあるとないとでまるで違ってくる重要カード。

セイガイハ 3 墓地に落ちると二倍美味しい。影の功労者その2。BUKKOWAREどもの生存率が段違いです。

ヤガスリ 3 BUKKOWAREその2 2コストのスマ2。通せばゲームが終わる。

ブラックナイト 3 ベース対策ができることは重要。エネ要因でもあるだけ大事。

修羅の騎士 3 BUKKOWAREその3 3コストのスマ3移動2

マグマダンサー 2 キャラに泣かされてからでは遅い。特殊移動をダダ通しするとぜったいに勝てないので。

マントル 3 スマがあがるフレアと相性がいい。墓地調節や蘇生メタにもなる。

真紅 3 フィニッシュ、バンプをマルチにこなす優良呪文。ターンエンドで墓地に落ちるのもうれしい。

真・絨毯爆撃 2 墓地に落ちない火力呪文。キャラも焼ける親切設計。

白石:なあにこおれww3積みばっかりで、フレアロードがん積みじゃないww。

虚野:それがこのデッキの「強さ」。まさに金太郎飴のように、デッキのカードの種類を減らす。それによって尖った動きになり、「事故が減る」。このデッキは、フレアロードの自己強化効果を最速で発生させるため、「カード」でなく「ルール」により墓地を操作する。つまり、「プラン、フレアロード」→「更新」この流れを遅くとも3ターン目に終える。そのためには極論を言うとデッキはフレアロード「だけ」じゃないとまずい。なんと言っても中の人は運が悪いからね。1%だろうが0.1%だろうが、都合が悪ければ引き当てる、それが中の人クオリティww。

白石:きっと信仰が足りないのよww何へかは知らないけど。

虚野:まあ、ビートは早ければ早いほどカードが似通ってくるのはどのゲームも大体同じ。かつては「山田式赤単」なんてのもあって、中の人はよく使っていたらしい。DMでも赤単速攻よく使ったなあ。

白石:あれはテキスト見ないで使えるしねww。

虚野:基本的な動きは言うまでもないけれど、気をつけてほしいのはこのデッキのコンセプト。このデッキは「次々アタッカーを出す」ウィニーの回し方では事故るし、ポテンシャルを生かしきれません。大切なのは「高速で出したアタッカーが2.3ターンづつ粘っていくので処理が追い付かない」状況を作ること。各種サポートカードを使いこなし、BUKKKOWAREと書いた連中を守り抜きましょう。また、ヤガスリと修羅は低コストで出る高スマッシュユニットです。手札にあるなら相手の対応を十分見て、さばき切れるエネが尽きたら叩きこんでやりましょう。3スマもぎ取れば十分です。

白石:また、キッショウや真紅をプランしたときは要注意です。使えるエネがあっても決め切れなければどちらも大きなブレーキになることがあります(真紅:墓地が消える キッショウ:エネがなくなってサポートが使えなくなる)。相手のエネを見て4エネ残ってたらまず危ないです。それでも決め時は決めなきゃ死にますが。(手札が切れた、またはわかりきってるときは例外です。めったにありませんが)

虚野:また、マグマダンサーやマントルはたたき落とされそうなら、その上にフレアロードをかぶせる体制をつくりましょう。ハナクイドリがたとえあってもマグダンに打つのが正解とは限りません

白石:ただ、以上のことに気をつければ比較的簡単かつ大胆に勝てる楽しいデッキです。赤王決定戦にも出れますよ(まあこれで勝てたら神ですけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2011年6月 »